こたつ布団のクリーニングの料金相場・頻度・おすすめサービスを紹介

こたつ布団のクリーニングの料金相場・頻度・おすすめサービスを紹介

「暖かくなってきてこたつ布団を片付けようと思っているが、汚れが気になるからきれいにしたい」「クリーニングに出すことも考えているけど料金がいくらなのか気になる」などと悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、こたつ布団のクリーニング方法や料金相場などについて具体的に紹介していきます。

まず結論として、こたつ布団のクリーニングは自宅で洗う場合を除いて、クリーニングに出すよりコインランドリーで洗う方が安くてお得です。

しかし、共働きの家庭や普段家事や育児で忙しい主婦の方などは、わざわざコインランドリーに行くよりもこたつ布団専門の宅配クリーニングサービスを利用するのをおすすめします。

その理由として、今回紹介する宅配クリーニングは配送手続きをすれば自宅まで取りに来てくれるからです。

さらに、自宅の保管スペースが限られている場合は、次回のシーズンまで保管してくれる宅配クリーニング業者もあります。

今回おすすめするこたつ布団クリーニング店は下記のとおりです。

おすすめサービス 1枚の料金
(税別)
1枚の最安値
(税別)
保管サービス
リナビス
(布団クリーニング)
8,800円/枚 3,700円
※布団4枚利用時
しももとクリーニング 8,800円/枚 4,600円
※布団3枚利用時
×
ふとんリネット 8,800円/枚 3,000円
※5枚目パック利用時
×
布団丸洗いのフレスコ 10,800円/枚 4,950円
※布団3枚利用時
×

上記の表のように、他の布団と一緒にクリーニングに出すことでお得に利用することが可能です。

また、こたつ布団は寝具の布団と異なり飲み物や食べ物の汚れが付きやすく、そのまま保管してしまうとダニが繁殖しやすいため、価格が少々高くてもクリーニングに出して保管することをおすすめします。

 

こたつ布団クリーニングの料金相場

続いて、こたつ布団クリーニングの料金の相場を紹介します。

クリーニング方法は、主に下記の3種類があり、料金相場もクリーニング方法によって変わります。

クリーニング方法 料金相場 特徴
店舗型のクリーニング
(直接持ち込む)
1,400円
※店舗によって異なる
店舗ごとに取り扱い可否が異なる
宅配型のクリーニング
(郵送)
3,000円~4,000円
※最安値~1枚の相場
他の布団との利用で1枚あたりの料金は安くなる
保管サービス付きの
クリーニング
3,800円~5,200円
※クリーニング+保管オプション
宅配型クリーニング利用と合わせて保管オプションを選べる

このように、クリーニング店にこたつ布団を直接持ち込むのが、最安値で利用できるクリーニング方法となります。ただし、店舗によって取り扱いが異なるので注意が必要です。

宅配型のクリーニング(郵送)は、クリーニングサービスによって多少バラつきがありますが、最安値が3,000円、1枚当たりの相場が4,000です。特徴として、他の布団と一緒に利用することで1枚あたりの料金を安くすることができます。

保管サービス付きのクリーニングは、保管サービスのみの料金相場が無料~1,000円ほどで、宅配型クリーニングのオプションとして利用することが可能です。

また、参考までにコインランドリーの料金相場も紹介します。

こたつ布団 料金相場(洗濯と乾燥)
22kg 1,800円
15kg 1500円
8kg 900円

上記のように、コインランドリーでこたつ布団を洗えばクリーニング店を利用するよりも料金を抑えることができます。

しかし、先ほども紹介したようにコインランドリーの料金は安いですが、手間がかかり忙しい人は利用するのがなかなか難しいため、宅配型クリーニングの利用をおすすめします。

宅配型クリーニングの保管サービスの料金相場

宅配型クリーニングを利用する際、次にこたつ布団を使う時期まで保管してもらえるサービスを利用したいという方も多いのではないでしょうか?

そこで、各宅配型クリーニングの保管サービスについて、最長保管期間や料金について調査してみました。

サービス 最長保管期間 料金
リナビス 12ヶ月 無料
カジタク 9ヶ月 1,000円
クリーニング東京 6ヶ月 無料
せんたく便 6ヶ月 無料
きららウォッシュ 8ヶ月 500円

上記のように、宅配型クリーニングの保管サービスは各クリーニング店によって最長保管期間と料金に多少バラつきがあります。

なかには、無料でこたつ布団を保管してくれる宅配型クリーニングもあるので、こたつ布団の保管スペースが確保できないという方はぜひ利用してみてください。

こたつ布団クリーニングの方法別の特徴と注意点

こたつ布団クリーニングする注意点

先ほども紹介したとおり、こたつ布団のクリーニング方法は、主に下記の3つが挙げられます。

ココに注意

  • クリーニング店に直接持ち込む
  • 宅配型クリーニングを利用
  • 保管サービス付きのクリーニングを利用

ここでは、それぞれのクリーニング方法の特徴(メリット)や注意点(デメリット)などを具体的に紹介していきます。

ぜひ、自分に合ったこたつ布団クリーニング方法を探すときの参考にしてみてください。

クリーニング店に直接持ち込む

こたつ布団をクリーニング店に直接持ち込む方法の特徴(メリット)は、下記のような点が挙げられます。

ココがおすすめ

  • 値段が安い
  • 短い期間でクリーニングしてもらえる
  • 行きつけのクリーニング店であれば安心感がある

次に注意点(デメリット)は下記のとおりです。

ココがダメ

  • こたつ布団の持ち込みや受け取りが重労働になる
  • 営業時間が短い
  • クリーニング店によってはこたつ布団を預かってもらえない

これらのメリット・デメリットをふまえて、クリーニング店にこたつ布団を直接持ち込むのがおすすめなのは、昼間に時間を作ることができて車で布団の持ち込み・受け取りができる専業主婦などです。

宅配型クリーニング

宅配型クリーニングを利用する場合の特徴(メリット)は、下記のような点が挙げられます。

ココがおすすめ

  • 持ち込み不要
  • 都合のいい時間を指定できる
  • インターネットを利用して好きな時間に申込みができる

次に注意点(デメリット)は下記のとおりです。

ココがダメ

  • 配送によるシワができることがある
  • 梱包箱がかさばる
  • 料金が高い傾向がある
  • クリーニング期間が長い

このように、宅配型クリーニングは自宅に居ながらこたつ布団をクリーニングに出すことができる、非常に便利なクリーニングサービスです。

また、昔に比べて働く女性が多くなってきており、時間に余裕がなくても効率よくクリーニングをすることが可能なので、仕事や子育てが忙しい方などは宅配型クリーニングがおすすめです。

保管サービス付きクリーニング

保管サービス付きクリーニングは、基本的に寒い時期にしか使わないこたつ布団のクリーニングと保管をしてもらえるサービスです。

保管サービス付きクリーニングの特徴(メリット)は、下記のような点が挙げられます。

ココがおすすめ

  • こたつ布団の保管場所に困らない
  • 衣替えが楽になる
  • 宅配受取日時の指定が可能

次に、注意点(デメリット)は下記のとおりです。

ココがダメ

  • 費用がかかる場合がある
  • 受取に期間が必要

これらのメリット・デメリットから、保管サービス付きクリーニングは一人暮らしの方や自宅に保管場所がなく困っている方におすすめです。

おすすめのこたつ布団クリーニングサービス

ここまでこたつ布団クリーニングサービスについて詳しく紹介しましたが、インターネットで検索するとたくさんのお店がヒットし、どのクリーニングサービスを利用したらいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、おすすめのこたつ布団クリーニングサービスを4つピックアップしました。

おすすめサービス

  • リナビス
  • しももとクリーニング
  • ふとんリネット
  • 布団丸洗いのフレスコ

それぞれのクリーニングサービスのおすすめポイントや注意点などを具体的に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

リナビス

リナビス

リナビスは宅配クリーニングの専門店で、熟練の職人が手間ひまかけて行う丁寧なクリーニングが特徴です。リナビスのおすすめポイントは次の3つが挙げられます。

ココがポイント

  • 12ヶ月無料保管
  • オプションで防ダニ加工も可能
  • 送料無料

リナビスは「おせっかいな宅配クリーニング」というコンセプトで、こたつ布団の12ヶ月保管無料サービスや防ダニ加工(オプション)など、各種サービスが充実しています。

これらのポイントをふまえて、リナビスはこんな方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 保管にお金をかけたくない
  • 時間よりも仕上がり重視

リナビスは創業60年の歴史があり、熟練した職人がこたつ布団をクリーニングするため高品質な仕上がりになります。

また、先ほども紹介しましたが、保管サービスを最長12ヶ月間も無料で利用することが可能なので、長期的にこたつ布団を保管してほしいという方におすすめです。

一方、リナビスの注意点として仕上がるまでに時間がかかりますので、ある程度時間に余裕をもって利用する事をおすすめします。

リナビスの料金体系については、敷布団・掛け布団各1枚から4枚まで点数ごとに変動する料金体系です。

リナビス基本情報 詳細
こたつ布団クリーニング料金 8,800円/枚
1枚の最安値 3,700円
送料 送料無料(北海道・離島は1,900円、沖縄は別途5,500円必要)
保管サービスの有無 12ヶ月無料で利用可能
仕上がり目安 最短10日

しももとクリーニング

しももとクリーニング

しももとクリーニングは、これまで約77,000枚以上の布団をクリーニングした実績がある、布団丸洗いサービス専門店です。おすすめポイントとして、下記が挙げられます。

ココがポイント

  • 合成洗剤不使用
  • 完全個別洗いなので清潔
  • 梱包箱が大きいので詰め込みが簡単

しももとクリーニングでは、人と環境に負担をかけないように合成洗剤は一切使用せず、石鹸を使って布団をクリーニングします。また、こたつ布団を宅配する際の専用梱包箱があるので詰め込みが簡単にできるのもメリットのひとつです。

さらに、こたつ布団のクリーニングは完全個別洗いを採用しているので、「見ず知らずの人の洗濯物と一緒に洗われるのは嫌だ」と思っている方でも安心して利用することが可能です。

しももとクリーニングが次のような方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • こたつ布団の汚れやシミが気になる
  • 時間よりも仕上がり重視

先ほども紹介したようにしももとクリーニングはこたつ布団を個別洗いするため、クリーニング前に布団の状態を隅々までチェックして「布団カルテ」に汚れやシミの場所をチェックしています。

ただし、宅配業者が西濃運輸のみなので、配達時間や受取時間に制限があることが挙げられます。

しももとクリーニングの料金体系は、こたつ布団のサイズや素材に関係なく一律となっています。

しももとクリーニング基本情報 詳細
こたつ布団クリーニング料金 8,800円/枚
1枚の最安値 4,600円
送料 送料無料(北海道・離島は有料。沖縄は注文不可)
保管サービスの有無
仕上がり目安 工場到着後4営業日以内(時期によって異なる)

ふとんリネット

ふとんリネット

ふとんリネットは株式会社ホワイトプラスが運営をしており、こたつ布団の他に衣類や靴などの宅配クリーニングのサービスも提供しています。

ふとんリネットのおすすめポイントは、下記の3つが挙げられます。

ココがポイント

  • 梱包キットが使いやすい
  • 清潔感のある仕上がり
  • 圧縮仕上げで保管に便利

ふとんリネットの専用梱包キットには圧縮袋が同梱されているため、こたつ布団をコンパクトに梱包することが可能です。

また、クリーニングは酵素の働きで汚れを分解し、防菌・防臭効果のある洗剤を使用。こたつ布団本来の保温性と弾力性を復活させることができます。

ふとんリネットは下記のような方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • こたつ布団を大量にクリーニング出す予定がある
  • こたつ布団クリーニング後に収納したい

ふとんリネットの専用梱包キットには圧縮袋が付属しているので、一度にたくさんのこたつ布団をクリーニングに出すのに最適です。

さらに、クリーニング後はこたつ布団が圧縮された状態で受け取ることができるので、収納時も便利です。収納スペースが少なくて困っている人にもおすすめのクリーニングサービスです。

一方、ふとんリネットの注意点は、圧縮仕上げなので羽根布団のふんわり感が多少落ちる可能性があるので注意が必要です。

ふとんリネットの料金体系は、サイズや素材が関係なくこたつ布団の枚数によって最終的な金額を決定しています。

ふとんリネット基本情報 詳細
こたつ布団クリーニング料金 8,800円/枚

(3枚であれば12,800円~)

1枚の最安値 3,000円
送料 合計料金6,000円未満の場合は3,000円(北海道・沖縄は4,000円)

6,000円以上の利用で送料無料

保管サービスの有無
仕上がり目安 最短10営業日

布団丸洗いのフレスコ

布団丸洗いのフレスコ

布団丸洗いのフレスコは宅配布団クリーニングを最初に始めた会社で、「ふとん丸洗いは日本人の健康を変える」というコンセプトでクリーニングサービスを行っています。フレスコの布団丸洗いシステムを導入している工場は、全国に32か所あります。

フレスコのおすすめポイントは、下記の3つが挙げられます。

ココがポイント

  • ヤマト運輸で配送されるので便利
  • 全国一律送料無料
  • 特殊大型洗濯機でクリーニングするので仕上がりにムラがない

フレスコは、配送にヤマト運輸を利用しているため、受け取りの時間指定や営業所止めなどのサービスを利用することができます。さらに、全国にフレスコの丸洗いシステムを導入している工場があるので、北海道や沖縄・離島も送料無料です。

また、手作業だと品質にバラつきが出がちですが、フレスコでは機械でクリーニングを行うため仕上がりにムラがありません。

フレスコは次のような方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 布団の受け取り時間を細かく指定したい
  • 送料が気になる地域にお住まいの方

フレスコの注意点として、布団を丸洗いする前に汚れのひどい部分はタンパク分解酵素や多目的洗浄剤を使って前処理を行いますが、機械を使ったクリーニングになりますので細かい部分の汚れは落ちない場合があります

フレスコの料金体系は、こたつ布団の枚数で値段が変わる仕組みとなっています。

布団丸洗いのフレスコ基本情報 詳細
こたつ布団クリーニング料金 10,800円/枚

(3枚であれば14,850円~)

1枚の最安値 4,950円
送料 全国一律送料無料
保管サービスの有無
仕上がり目安 7日~14日(営業日)

夏期繁忙期は14日~21日(営業日)

こたつ布団クリーニングする注意点

こたつ布団をクリーニングする際の注意点として、次の3点が挙げられます。

ココに注意

  • サイズや詰め物によって料金が変わる
  • あらかじめ水洗いマークが「可」であることを確認する
  • 宅配には防ダニ加工といった有料サービスがないことがある

これら3点の注意点について具体的に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

サイズや詰め物によって料金が変わる

こたつ布団をクリーニングに出す際、店舗によってこたつ布団のサイズや詰め物の種類によって料金が変わるので、あらかじめ注意が必要です。

化織のこたつ布団なら比較的安価ですが、羽毛のこたつ布団は非常にデリケートなのでクリーニング料金が高額になりがちです。

また、こたつ布団のサイズによっても価格が異なり、クリーニング店によって多少バラつきがありますが、サイズの大きなこたつ布団はクリーニング費用も高額になることがあります。

このように、宅配クリーニングにこたつ布団を出す際にはサイズや詰め物によって料金が違う場合があるので、事前に料金を確認しておきましょう。

あらかじめ水洗いマークが「可」であることを確認する

水洗いマーク

こたつ布団をクリーニングに出す際は、あらかじめ水洗いができる布団であるかを確認しておく必要があります。水洗いができるかどうかは、布団についている洗濯表示のタグを確認しましょう。

水洗いマークが「可」であれば水洗いが可能です。一方、水洗い「不」のこたつ布団をクリーニングに出してしまうと、最悪の場合はこたつ布団として使えなくなってしまう可能性があるため注意が必要です。

宅配には防ダニ加工といった有料サービスが無いことがある

こたつ布団をクリーニングに出す際に「オプションで防ダニ加工も付けたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、宅配型クリーニングでは防ダニ加工などのオプションがない場合があるので、事前にチェックが必要です。

防ダニ加工は、人間にも害がある薬剤を使用している場合が多いため、安全面を考えてオプションとして取り扱っていないクリーニングサービスが多い傾向があります。

こたつ布団が仕上がるまでの日数

こたつ布団をクリーニングに出そうと思ったときに、仕上がるまでの日数が気になる方も多いでしょう。

こたつ布団を店舗で引き渡す場合宅配型クリーニングを利用する場合で、それぞれ仕上がりまでの期間が異なります。

それぞれどのくらいの違いがあるのか具体的に紹介していきます。

店頭引き渡しの場合

店頭引き渡しの場合、宅配型クリーニングと比べて仕上がり日数が早い傾向があります。

ただし、衣類などのクリーニングとは違って、翌日に仕上がることはほとんどありませんので注意が必要です。

具体的な日数は、地域や季節、店舗、布団の種類によってもバラつきがありますが、約3日~5日で受取が完了します。

このように店頭引き渡しの場合は、宅配型クリーニングに比べて仕上がり日数が早いのが特徴ですが、自分でこたつ布団を取りに行く必要があるので、自身の都合に合わせて利用することをおすすめします。

宅配型クリーニングの場合

宅配型クリーニングについては、基本的に家にいながらこたつ布団をクリーニングに出すことができますが、梱包キットの受け取りやこたつ布団を宅配する日数が必要になるため、基本的には2週間ほどの期間を要します。

具体的な宅配型クリーニングの流れは、下記のとおりです。

  1. 自宅に梱包キットが届く(約3日)
  2. こたつ布団を梱包・配送して工場に到着(約2日)
  3. こたつ布団のクリーニング(約1週間)
  4. こたつ布団が返送される(約2日)

宅配型クリーニングは上記の流れでおこなわれるため、日数に余裕がないのであれば先ほど紹介した店頭引き渡し型の利用がおすすめです。

こたつ布団のクリーニングで失敗しないための知識

おすすめのこたつ布団クリーニングサービス

こたつ布団のクリーニングで失敗しないためには、次の4つの正しい知識をもっておくことが大切です。

失敗しないための知識

  • クリーニング後のこたつ布団の適切な保管方法は?
  • クリーニングできないこたつ布団は?
  • こたつ布団をクリーニングしている間にこたつ布団をレンタルできる?
  • こたつ布団と一緒に服もクリーニングできるの?

各項目について詳しく紹介しますので、こたつ布団をクリーニングしようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

クリーニング後のこたつ布団の適切な保管方法は?

こたつ布団を湿気がある場所に保管するとカビやダニの原因になってしまいますので、クリーニング後は湿気の少ない風通しのよい場所で保管しましょう。

また、圧縮袋を使って保管すると、いざ使おうと思ったときにふんわり感がなくなってしまうので、圧縮袋から出して押し入れなどに畳んで保管することをおすすめします。

クリーニングできないこたつ布団は?

こたつ布団がクリーニングできるか否かを確認するためには、こたつ布団に付いているタグの「取扱絵表示」をチェックしましょう。

記載されているマークに全てバツが付いているとクリーニングに出すことができないので注意が必要です。

どうしてもクリーニングをしたい方は、布団の素材ごとに対応した専門サービス店があるので、事前に調べてから利用することをおすすめします。

こたつ布団をクリーニングしている間にこたつ布団をレンタルできる?

こたつ布団を利用している最中にうっかり汚してしまい、どうしてもクリーニングに出さなければならないという状況もあるでしょう。

そのようなときに便利なのが、こたつ布団をクリーニング中に代替えこたつ布団をレンタルすることができるサービスです。

こたつ布団がレンタルできるサービスは1,000円前後で利用することができるため、新しいこたつ布団を購入するよりもコストが抑えられます。

こたつ布団と一緒に服もクリーニングできるの?

店舗によっては、こたつ布団と一緒に衣類のクリーニングも受け付けている場合もあります。

しかし、布団専門のクリーニング店もあるので、こたつ布団と一緒に衣類のクリーニングを検討している場合は、事前に確認することをおすすめします。

こたつ布団のクリーニング料金とサービスまとめ

今回は、こたつ布団のクリーニングを検討している方へ、具体的なクリーニング方法や料金相場などを紹介しました。

最初に説明したとおり、コストパフォーマンスが優れているのはコインランドリーですが、忙しい人やこたつ布団を保管するスペースがない方には、宅配クリーニングをおすすめします。

改めて、今回おすすめする宅配型クリーニング店は下記のとおりです。

おすすめサービス 1枚の料金
(税別)
1枚の最安値
(税別)
保管サービス
リナビス
(布団クリーニング)
8,800円/枚 3,700円
※布団4枚利用時
しももとクリーニング 8,800円/枚 4,600円
※布団3枚利用時
×
ふとんリネット 8,800円/枚 3,000円
※5枚目パック利用時
×
布団丸洗いのフレスコ 10,800円/枚 4,950円
※布団3枚利用時
×

宅配型クリーニングでは、複数枚の布団を一緒に出すことで1枚あたりの単価が安くなる傾向があるので、こたつ布団と一緒に寝具なども出すとお得になります。

ぜひ、今回紹介したクリーニングサービスを参考にして、こたつ布団をクリーニングしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

Rakukura編集部

© 2021 Rakukura